1941年 南アフリカ 6ペンス 0.800 シルバー Silver 銀貨 世界大戦戦時下 ジョージ6世 国花 プロテアの花 ハッピー ウェディング シックス ペンス Happy wedding sixpence 結婚式 花嫁に左の靴 プレゼント ギフト 02P05Oct15

   

6ペンス 1941 南アフリカ共和国で使用されていた 南アフリカポンドの6ペンス。

英国王ジョージ6世の肖像と南アフリカ国花プロテア 南アフリカ 6ペンス 1941年 素材:銀貨(.800Silver) サイズ:約19.2mm 現在は製造・流通していません。

Happy Wedding Sixpences =幸せな結婚のために= 南アフリカ共和国  南アフリカポンドの6ペンス。

結婚式で使用する「幸せのコイン」の話を聞いたことがありますか? 「花嫁の左の靴」に、「新郎の胸のポケット」に、 「幸せのコイン」を忍ばせて下さいね。

「幸せのコイン」て、何? 昔からマザーグースで歌い継がれてきた唄に、「サムシング・フォー」があるのはご存知ですよね。

その「サムシング・フォー」と共にマザーグースで歌い継がれてきたのがこの「6ペンスコイン」です。

唄の最後に「そして花嫁の左の靴に6ペンス」というくだりが有り、イギリスでは古くから結婚式で「6ペンスコイン」が使われてきました。

使い方は 結婚式の時に「花嫁の左の靴の中に」「新郎の胸ポケットに」入れて使います。

幸せのコインで素敵な結婚式をお迎え下さい。

イギリスの6ペンスについて… イギリスの古い硬貨で1967年に発行が終了しています。

(1970年に記念硬貨発行)現在は生産・使用されていません。

ウェディングだけでなく、クリスマスには、クリスマスプディングに入れて、 それを食べた人に幸せが訪れる・また、お守り代わりに持ち歩く人も多く、誕生日のプレゼントなどにも人気があります。

非常に人気の高いコインで、マザーグースの中には「6ペンスの歌を歌おう」という歌もあります。

6ペンスが終了してしまう時に、車にステッカーを貼り「反対運動」もありました。

また、クィーンのギタリスト、ブライアン・メイがエリザベス2世の6ペンスコインをピックとして使用していたのも有名な話です。

(ウィ・ウィル・ロック・ユーはイギリスのエリザベス2世の6ペンスコインで弾いていました。

) 世界中に多くのコレクターを持つとても素敵なコインです。

当店の6ペンスは実際に流通していた本物の6ペンスコインで、 多くの人に幸せをもたらし、あなたの元に届きます。

  • 商品価格:3,780円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)